子どものアトピー性皮膚炎におすすめの入浴法と洗い方

入浴

 

アトピー性皮膚炎や敏感肌の子どもにとって、スキンケアの基本になるのが入浴です。汗をかいた後や寝る前などは、必ずシャワーや入浴で汚れや汗を洗い流してあげてください。

 

【大量の泡でやさしく手洗いを】
子どもの皮膚についた汗や汚れは、石鹸をつけたタオルでゴシゴシしないときれいにならないと言う人がいますが、これは皮膚のバリアである角質が取れてしまうので逆効果。また、薬用石鹸をも刺激が強いので避けるようにしてください。

 

子どもの体を洗う際には、まずぬるま湯を数回かけてあげて、皮膚の表面にある汗や汚れを流します。次に、市販の泡立てネットなどを使って大量に泡を作り、おでこから目の周り、耳の後ろから始めて首筋、脇の下へ少しずつ降ろすように洗ってください。
この時、タオルやスポンジは使わず、お母さんもしくはお父さんの手で泡をまとわせるようにやさしく洗ってあげましょう。

 

胸やお腹を経て、足の裏まできれいに洗い終わったら、ぬるま湯を何度もかけるかぬるめのシャワーをていねいにかけて、石鹸分をすべて洗い流してください。

 

入浴後やシャワー後は、柔らかな生地のタオルで、押さえるようにして余計な水分を取り除きます。アトピー性皮膚炎の子どもの皮膚はとってもデリケートですから、くれぐれもゴシゴシこすらないようにします。

 

 

<入浴・シャワー時の注意事項>
× ナイロンタオルやアカ擦りタオルを使う
× 石鹸を使わず、お湯だけで洗う
× 石鹸を泡立てずに、そのまま使う
× 熱めのお風呂に入る
× 洗う前にシャワーやかけ湯で下洗いをしない

 

 

【お風呂の後は素早く保湿剤を塗る】
アトピー性皮膚炎に悩む人の共通点は、お肌が乾燥しやすいこと。もちろん、子どもの肌も例外ではありません。そのため、お風呂から上がってすぐやシャワー後の肌に潤いが残っている間に保湿剤をたっぷりと塗り、皮膚から水分が逃げるのを防いでください。また、保湿剤は入浴後だけでなく、洗顔後や皮膚がかさついている時など、気になる際にこまめに塗ると効果的です。
塗り方ですが、保湿剤をお肌に擦り込むように塗るのではなく、円を描くようにたっぷりと塗ってあげてください。

 

子どものアトピー性皮膚炎改善に関する詳しい情報は、米のしずくの激安情報や口コミ、効果などを分かり
やすく紹介しているトップページからご確認ください。