アトピー性皮膚炎の子どもの肌の保湿方法

 

 

 

アトピー性皮膚炎の子どもに共通しているのが、皮膚が乾燥しやすいことです。皮膚が乾燥してしまうと皮脂膜が薄くなったり、失われると身体の外から異物が侵入してくるバリア機能が低下してしまいます。
また、皮脂膜と角質層には皮膚の中にある水分が蒸発するのを防ぐ働きがあり、皮脂膜がなくなると肌の保水機能が失われる一方で、かゆみを感じる知覚神経が過敏になると言われています。

 

 

【子どものアトピー性皮膚炎改善の基本はお肌の保湿から】
子どものアトピー性皮膚炎の改善の基本となるのが皮膚を清潔に保ち、保湿を守るスキンケアです。きちんとスキンケアをすることで子どものアトピー性皮膚炎を管理することができ、ステロイドなどの薬を早く止めることもできます。

 

 

【保湿ケアの順番】
@入浴やシャワーで肌を清潔にする
皮膚には汗や汚れ、黄色ブドウ球菌などの雑菌がいっぱいです。これらをお風呂やシャワーできれいに洗い流したら、柔らかいタオルで刺激を与えないように押さえるように拭きます。夏場や汗をかいた後は、こまめに洗うようにしてください。

 

A保湿剤を塗る
シャワーや入浴の後は、お肌が乾燥しないうちに保湿剤を塗ってあげましょう。注意したいのは、塗ってあげる人も手や指を清潔にしておくことが大切です。子どもは大人よりも肌がデリケートですから、子供用の保湿剤を選んでください。

 

参考までに、アトピー肌に悩む子どもの保湿に効果的だと評判の「ファムズベビー」をご紹介しておきます。
【ファムズベビー】のくわしくはこちら

 

 

B石けんやシャンプー、タオルや肌着選びにも要注意
敏感肌の子どもにとって、お肌の保湿はとても大切なこと。石鹸やシャンプー、肌着などにも注意を払ってあげたいものです。肌にやさしく柔らかめの肌着を選ぶようにしてください。

 

 

子どものアトピー性皮膚炎改善に関する詳しい情報は、米のしずくの激安情報や口コミ、効果などを分かりやすく紹介しているトップページからご確認ください。