子どものアトピー性皮膚炎の原因は何?!

 

わが子のアトピー性皮膚炎。強い痒みに全身をかきむしり、夜も満足に眠られずに泣いている子どもを見るのは本当に辛いですよね。
子どものアトピー性皮膚炎を少しでも改善させるために、まずは原因からリサーチしてみました。

 

子どもがアトピー性皮膚炎になる原因を特定するのは難しく、様々な要因が関係しているそうです。
たとえば、体質や肌の乾燥、食べ物、ダニやほこり、ペット、親の遺伝などが絡み合うことで、アトピー性皮膚炎を引き起こすとされています。

 

【乾燥肌が基本要因】
アトピー性皮膚炎の原因をひとつに特定することはできませんが、根本的な問題として指摘されているのが、乾燥しやすい肌です。
乾燥肌はバリア機能が低下し、外部からの刺激に弱くなっています。そこへダニやほこりなどのアレルギー物質、温度や湿度などの環境要因、汗や洗剤、石鹸などの刺激が加わることで皮膚に炎症が起こります。
これが、かゆみと赤み顔、湿疹、カサカサなどが重なるアトピー性皮膚炎というわけです。

 

 

【子どものアトピー性皮膚炎を引き起こす環境要因】
持って生まれた体質や乾燥しやすい肌に、様々な環境要因が加わることで、子どものアトピー性皮膚炎が起きるとされています。では、その環境要因には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

<子どものアトピー性皮膚炎に関係する環境要因>
厚生労働科学研究・アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2008より引用

 

◎食物(卵・牛乳・小麦など)
◎汗
◎乾燥
◎掻破(掻くこと)
◎物理化学的刺激(よだれ、石けん、洗剤、衣服のこすれなど)
◎ダニ、ほこり、ペットなど
◎細菌・真菌
◎ストレス

 

子どものアトピー性皮膚炎改善に関する詳しい情報は、米のしずくの激安情報や口コミ、効果などを分かりやすく紹介しているトップページからご確認ください。