米のしずくを激安で購入するには!?

もしあなたが、大切なお子さんの敏感肌や痒い痒い、カサカサ肌などをなんとかしてあげたいと思っているのなら、お米の乳酸菌発酵食品「米のしずく」がお役に立つかもしれません。

 

米のしずくは、創業350余年の伝統を持つ蔵元「菊正宗酒造」の発酵技術から生まれた米の乳酸菌発酵食品。身体のバランスを整える働きが期待できる乳酸菌LK-117と一般米の約3倍のポリフェノールや約6倍の食物繊維が含まれる「ホシニシキ」を使用しています。

 

一般的に、乳酸菌は免疫と深い関わりのある腸の調子を整える働きがあるとされていますが、米由来の乳酸菌LK-117はおなかの健康はもちろん、季節の変化に敏感な方や肌の乾燥、デリケート肌、カサカサ、赤み、デリケート肌を穏やかに整えます。また、ポリフェノールには抗酸化作用があり、いま大きな注目を浴びています。

 

母と子

 

 

【米のしずくを激安で試すなら、やっぱり公式サイト!】
米のしずくを激安でお試しになりたいなら、公式サイトからの初回50%OFFのトライアルセットがお得でおすすめです。
米のしずくは「ドリンクタイプ」と「タブレットタイプ」の2種類。それぞれに特長はありますが、子どもさんには、おやつ感覚で食べられるタブレットタイプがいいと思います。
さて、気になる価格ですが、通常価格3,000円が初回限定で半額の1,500円。しかも、送料無料となっていますので、やっぱり公式サイトからの申し込みが激安だと言えるでしょう。

 

「通販の激安なら楽天やアマゾンがいいよ」と言う人が少なくありませんが、米のしずくは楽天やアマゾンでは購入できません。
これは、菊正宗酒造が「お客様お一人おひとりのご希望をきちんと把握し、納得して飲んでいただくためのアドバイスをお届けしたい」という意向によるもので、公式サイトからのお申込みだけに対応しています。

 

ひと口にアトピー性皮膚炎と言っても、それぞれの子どもによって症状や程度は異なります。そうした個々人の事情や環境に合ったアドバイスを受けられることは、親御さんにとってみれば心強いことではないでしょうか!

 

売った後は知らん顔ではなく、「まずはお試しで使っていただいてから、本当のお付き合いが始まる」という菊正宗酒造の企業姿勢を、私は評価したいと思います。

 

最初は“激安”のトライアルセットで試し、信頼できると実感できたら、通常購入や定期購入へ…。せっかくのお試しチャンスです。まずは、激安で米のしずくの信頼性を確かめてください。

 


 

【米のしずくは表示対象27品目アレルゲンフリー】
米のしずくは、子どもの敏感肌やアトピー肌のことを考えた27品目のアレルゲンフリー食品です。
えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生の特定原材料7品目に加え、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチンの20品目をいっさい使っていません。


敏感な方に試して欲しい乳酸菌「米のしずく」公式はこちらから

 

 

【米のしずくでステロイド治療から卒業?!】
子どものアトピー性皮膚炎の標準治療に、ステロイドの塗り薬が使われます。
アトピー専門医の的確な処方と指導のもとにステロイド剤が使われるのなら、あまり心配はいりませんが、ステロイドは薬である以上どうしても副作用の不安がつきまといます。

 

お米由来の乳酸菌LK-117を持つ米のしずくは、おなかの健康はもちろん、季節の変化に敏感な方や肌の乾燥、デリケート肌、カサカサ、赤み、デリケート肌の穏やかなサポートが期待でき、かゆみなどの症状が落ち着くことで、ステロイド薬を徐々に減らしていき、ステロイドからの卒業も不可能ではありません。

 

お医者さんの治療計画に従いながら、こまめなスキンケアやお部屋をきれいに維持し、米のしずくを使ってみる。
アトピー性皮膚炎は、症状や進行度に個人差が大きくいちがいには言えませんが、米のしずくは試す価値のある乳酸菌発酵食品だと思います。

 

 

【乳酸菌とアトピー性皮膚炎の関係】
「腸内フローラ」という言葉を最近はよく見たり聞いたりします。
簡単に言えば、腸内環境の良し悪しが健康に関わっていて、腸内の善玉菌や悪玉菌、日和見菌のバランスを整えましょうというものです。

 

一説によれば、腸内フローラのバランスは、善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7の割合が理想とされ、悪玉菌が増えれば健康に好ましくないと言われています。

 

この悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果的な方法が、乳酸菌を取り込んで腸内フローラを整えることです。
腸内の環境が整えば、免疫にも働いて、その効果のひとつとしてアトピー性皮膚炎にも好影響を与えるとされています。
健康と腸の関係がクローズアップされ、“腸活”という言葉も数年前から目にすることも。

 

子どものアトピー性皮膚炎の改善に大切なことは、皮膚を清潔にして乾燥しないように水分を保つこと。そして、専門医の的確な治療を受けることです。
それらをより効果的にサポートするために、子どものための乳酸菌を上手に利用することも検討してはいかがでしょうか。

 

このサイトでは、米のしずくについて詳しくお話ししていますが、他にも乳酸菌と生ビフィズス菌、酵素から生まれた
善玉ガード という子ども専用のサプリもありますので、参考にしてください。

 

 

米のしずくの効果は?!

家族

 

私には、3歳になる加奈ちゃんという姪っ子がいます。母親以上に、私になついてくれ、とってもかわいい女の子です。

 

そんな加奈ちゃんが、約1年ほど前からアトピー性皮膚炎で苦しんできました。
幸いなことに、お医者さんの適切な指導の下での薬の使用やスキンケア、家の掃除を徹底するなどしたおかげで徐々に症状は改善してきました。

 

それでも季節の変わり目や運動をした後や入浴後などの体温が上がった際には、強い痒みが出てしまうことも少なくありませんでした。

 

そこで、お医者さんの指導や環境改善の効果を少しでも上げようと思い、試してみたのが「米のしずく」でした。加奈ちゃんが「米のしずく」をおやつ代わりに飲み始めてまだ1ヵ月ちょっと。
顕著な変化は見られないということですが、痒みの程度が穏やかになって寝入りばなに顔や首回りをかきむしることが少なくなってきたことを実感していると言います。

 

特に、寝入りばなに痒くなることが減ったことで、スムーズに眠ることができるようになったことは、米のしずくの効果だと姉夫婦は信頼しているみたいです。

 

アトピー性皮膚炎の原因は、遺伝をはじめさまざまなアレルゲンや環境に左右される要素が多く、特定の原因を突き止めるのは簡単ではありません。また、治療には長い時間が必要になる場合もあります。

 

今は、医学の発展や最新の薬物療法が行き渡ってきたおかげで、アトピー性皮膚炎だからと言って悲観しなくてもいい時代になっています。

 

ステロイドなどの薬をうまく服用し、アレルゲンをできるだけ避けて、保湿をはじめ毎日のスキンケアを励行する。また、米のしずくをサポーター的な健康食品として利用することで、徐々に改善・寛解していくことが期待できるようになっています。
まずは、3ヵ月を目安にお試し。そこで、米のしずくの効果が実感できるのではないかと思います。

 


「米のしずく」激安情報掲載の公式サイトへ

 

 

【子どものアトピー性皮膚炎は改善できる】
姪のアトピー性皮膚炎が薄皮をはがすように改善してきたことを見てきて、しみじみと思ったことがあります。

 

それは、決して焦らないでほしい…ということです。

 

親にしてみれば、「一日も早くわが子のアトピー性皮膚炎が治ってほしい」との思いから、さまざまな治療法やサプリに手を出してしまうことが少なくないと思います。でも、エビデンスの不確かなものに手を出したことで、時間もお金も無駄にしてしまうケースが少なくありません。

 

いま、医学は驚くほどのスピードで進化しています。基本は、信頼できる医者の方針を守ること。次に、家庭の中でできることや親として子どもにしてあげられることを列挙して実行に移すことです。

 

親御さんの中には「私がアレルギー体質だから、子どもにも遺伝したのかも…」と自分を責める人がいますが、そんなことに悩んでいるひまがあったら、子どもの皮膚を清潔にしてあげて、保湿にも気を配ってあげることです。

 

以下は、私がまとめた『子どものアトピー性皮膚炎』に対する注意事項です。

 

@子どもの肌の異常に気付いたら、小児科もしくは皮膚科のお医者さんへかかること。
A場合によってはアトピー性皮膚炎やアレルギー疾患の専門医を紹介してもらうこと。
B医師の適切な指導の下でステロイドなどの薬物治療を守ること。
Cダニやほこり、食べ物の、衣服などのさまざまなアレルゲンを除去すること。
D子どもをストレスから守ってあげること。
E適切なスキンケアを励行し、清潔で潤いのある肌を守ってあげること。
F本当に信頼できる健康食品を厳選し、少なくとも3ヵ月〜半年は試してみること。
Gおおらかな気持ちで子どもに接してあげること。


敏感肌のお子さんに試して欲しい乳酸菌「米のしずく」はこちら

米のしずくの口コミをリサーチ

乳酸菌説明

 

敏感肌や季節の変わり目などにデリケートな子どものスキンケアに神経をとがらせる両親。
姉夫婦も例外ではなく、少しでも加奈ちゃんのためになるのなら…と車で一時間以上もかけてお寺さんへ護摩をお願いしたり、高額な健康茶を購入したりと大変な毎日を送っていました。

 

そんな時に、出会ったのが「米のしずく」だったんです。
それまで知人から「効果があるから…」と様々な健康食品やサプリメントを勧められましたが、どれも効果らしい効果を感じることはできず、「米のしずく」にも期待していませんでした。

 

でも、「米のしずく」を紹介してくれたのは、管理栄養士として働いている私の親友だったんです。
「あなたが、姪の加奈ちゃんのことを心底心配しているので、私も何かお手伝いしたいと思って…」と言いながら教えてくれたのが米のしずくでした。
実は、彼女の愛息も敏感肌。姪の加奈ちゃんと同じように痒みや炎症に悩んでいたそうです。

 

「試してみなければ合うか合わないかわからないじゃない…」。半信半疑の姉夫婦へ強引に勧めた、米のしずく。本当に効果が出ることを祈るのみでした。
そんな米のしずくの口コミをリサーチしてみました。

 

 

イラスト

 

『米のしずくを飲み始めて良い手応えが!』
うちの息子は、季節の変わり目がとってもデリケートで、米のしずくを飲み始めて良い手応えを感じています。小さい時からとっても大変で、それを思うと大変うれしいです。米のしずくには本当に感謝です。

 

 

『うれしい気持ちに!』
とても美味しそうに食べている娘を見ていると、大変うれしい気持ちです。とっても調子いいみたいです。

 

 

『まだ2週間じゃ何もわからないけど』
飲み始めて2週間。何らかの変化があるのかまだ判らない。でもいつか何らかの変化があるものと信じ、しばらくは飲み続けようと思っています。

 

 

『乾燥に悩んでいます』
私と子ども。親子で乾燥に悩んでいます。私は仕方ないにしても、子どもは一日も早くなんとかしてやりたいと思っています。新聞で「米のしずく」を知り、しばらく続けて飲んでみようと思いました。中からも外からも強くなれればと思います。

 

 

『ドリンクタイプを飲ませています』
息子はヨーグルトのような風味が気に入ったみたいで、飲ませ始めて50回を超えました。アトピー特有の赤みがひどく、時々は強くかきむしって、痒みから泣き叫ぶこともありました。でも、少しずつですが赤みが薄くなってきています。お医者さんが処方してくれるステロイド治療を基本に、保湿のスキンケアにも真面目に守り、米のしずくでサポートみたいなイメージで取り組んでいます。早くステロイドを卒業させてやりたいと思っています。

 

 

『タブレットタイプは、おやつ代わり』
年長さんの娘は、タブレットタイプが大好き。おやつ代わりのように楽しく食べています。昨年までは、春先になると背中や胸などに強いかゆみが出て困っていましたが、今年は頻度も程度も収まり、驚くほど穏やかな毎日が続いています。

 


子どもの痒いをケアする米のしずく激安情報はこちら

米のしずくを楽天やアマゾンで販売しない理由

米のしずく

 

つい先日、米のしずくを少しでも安く買いたいと思い、アマゾンや楽天を探してみました。アマゾンでは「品切れ中」となっていて、そして楽天では見当たりませんでした。

 

念のために公式ページを確認したところ、菊正宗酒造では「公式サイトからの販売に限る」と明言していて、アマゾンや他の通販サイトからの販売は転売が疑われますし、直販商品でない場合には菊正宗酒造としても品質の保証が難しいとしています。

 

米のしずくは、カサカサやかゆみ、赤みなどの敏感に悩む小さな子どもさんが口に入れるものですから、菊正宗としても細心の注意と万全なアフターケア体制を整えています。しかし、公式以外からの購入だっり、転売品の購入では品質に責任が持てないと言うのも理解できます。

 

 

さらに、菊正宗酒造では「お客様お一人おひとりのご希望をきちんと把握し、納得して飲んでいただくためのアドバイスをお届けしたい」という意向もあり、公式サイトからの申込みだけに対応しています。

 


子どもの敏感肌を助ける乳酸菌「米のしずく」公式サイトへ

 

 

米のしずくの乳酸菌「LK-117」とは

菊正宗の総合研究所では、先進の技術で健康に関するさまざまな研究を行っています。
「LK-117」をあらゆる角度から分析していくと、他の乳酸菌にはない新たな有用性が発見されました。

 

それは、季節の変化に敏感な方や乾燥が気になる方の健康を内側からサポートする力です。もちろん、おなかの健康を守ってくれるという乳酸菌ならではの働きも兼ね備えています。